2007年09月19日

ドロップシッピングの在庫切れにどう立ち向かう?の続き

 お察しのとおり、私は専ら『もしも』ユーザーなので、そっちに偏ります。

 んで、前回の記事の続きなのですが、なんとこんなお知らせページが。

 『もしも』からのお知らせブログ
 http://xn--cs-083a7gb.seesaa.net/

 販売終了品について、ブログでお知らせくれるようです。

 RSSに入れておけば、チェックも楽チンですね。
ブックマークに追加する | Comment(18) | TrackBack(5) | 日記
2007年08月04日

ドロップシッピングの在庫切れにどう立ち向かう?

 ドロップシッピングサイトで一番悩ましいのが、商品提供もとの都合による販売停止、つまりは在庫切れって奴です。
 DSにのめり込めばのめり込むほど、これに泣かされるようになるでしょう。

 毎日の在庫管理に数時間を要し、在庫切れを見つけたら修正・・・。
 かといって、サイトの減収に直結するから、どんなに面倒でもこの作業を投げるわけにはいきません。

 私がいくつかのDSショップをやって思うのは、

 「在庫管理は面倒」

 です。特に、もしもの場合なんか、商品ひとつひとつをクリックして確認取らなきゃいけないですから、ものっそ面倒。

 で、こいつに立ち向かう道を考えたところ、結局は 商品数が少な目のを作るってのが自衛策なのかな、と。

 や、たくさん商品掲載して、大型ショップを作りたい!って気持ちは十分分かるんですよ。

 でも、商品数が増えると、代わりにショップコンセプトがぶれやすいという欠点があります。

 副業としてドロップシッパーでいようと思うなら、少ない商品数で小さなサイトを運営し、手間も最小限ってのが効率面で言えばよさそうです。
ブックマークに追加する | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2007年08月03日

早速詳細レポートをまとめてみた。

 もしもドロップシッピングで詳細な売り上げが閲覧できるようになったので、早速売れたものを書き出してみました。

 ちなみに、私がメインで売っているものは某『靴』です。(結構流行ってたから、分かる人にはわかるはず・・・。)

6月・・・
 30代 2人
 (1人不明)

 男性 1人
 女性 2人

 岐阜 神奈川 千葉

7月・・・
 10代 1人
 20代 2人
 30代 10人
 40代 2人
 60代 1人
 (2名不明)

 男性 7人
 女性 12

 兵庫 北海道 大阪3 熊本 和歌山 埼玉3 千葉 神奈川 愛知2 東京2 高知 京都

 先月までの結果がこんな感じでした。
 7月のほうが標本数多くて見やすいね。
 年齢では、30代がぶっちぎりでお買い上げ。
 性別では、女性が勝っていますが、以外にも男性顧客が多い結果に。(もっとガッツリ差が付くかと思っていたのですが。意外です)
 あと、購入地域は本当に満遍なく入ってますね。

 結果:
 狙うは30代。性別では意外と差が出ないので、男性狙いもアリ。
 はっ!No Style, No Life・・・!
ブックマークに追加する | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2007年08月02日

もしもドロップシッピングで詳細なレポートが閲覧可能に

 もしもDSの最近のバージョンアップで、買ってくれた人の県・性別・年齢(10歳刻み)が分かるようになりました。
 ただ、詳細レポートはダウンロード出来ないので、分析するなら自分で集計しないとダメですね。CSV対応にならないかなー。
ブックマークに追加する | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2007年08月01日

長く使い続けるのがいい?PPC広告の効能

 私は、はじめてもしもDSのシステムを使い、一晩で作ったブログページで、1ヶ月10万を売り上げました。
 でも、もちろん何もしないだけでこの売り上げを作ったわけではありません。
 使ったツールは、今流行のPPC広告です。

 PPC広告の効能というと、検索スペースの上部を押さえられる即効性を挙げる人や本は多いですが、

 最近、PPC広告で露出し続けることも大事なんだなあと感じてきました。

 ※以下、体感なので正確な数値から判断していないことをご了承ください。

 PPCを出し始めた最初の頃は、数日置きにまとめ買いがあったり、逆に数日間音沙汰なかったりと、売り上げが不安定だったのですが、広告出稿から1ヶ月少し経って、売り上げがコンスタントに上がるようになってきました。

 毎日、とはいかないまでも、2日に一度くらいのペースで売れるようになってきているのです。

 お陰で、最初の月は若干赤字だった広告費も、トントンのところまで取り戻しつつあります。

 やはり、出来たてほやほやの店より、何回も検索結果で見かけ広告や、何度か訪れた店のほうが安心感が増す、ってことなんでしょうかね?これは・・・。
ブックマークに追加する | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
2007年07月31日

『簡単・初心者向け』なだけじゃない、もしもDSの効能

 ある得意先から仕事の依頼があるたびに、ごくわずかだが、「あーあ」という感じがしたのだ。
 電話がかかってくると、嫌な気持ちになる。
 もしこの気分が続けば、そのうち電話がかかってこなくなることがわかっていた。クライアントが去っていくからである。


 近日、『ストレスフリーの仕事術』という本を読んでいて、こんな一文を発見しました。ウンウンと心の中でうなづく私(笑

 実はコレ、すごく実感としてあるんですよ。

 ネットショップを運営していると、お客様からの様々な問い合わせに対応しなくちゃいけない。
 運営をはじめた最初の頃は、レスポンスが嬉しくて、一生懸命メール対応をする。
 けれど そのうち忙しくなってきて、対応を面倒くさがるようになると、なぜかお客様が、波の引くように去っていくんです。

 お客様が目の前に居て、私の表情を見てるわけじゃないのにそんなわけないじゃん?って思うでしょう。

 私もこれをきちんと説明できる理由は思いつきません。でも、その中のひとつとして、私が「面倒だな」と感じるたびに、少しずつ仕事に心がこもらなくなっていくんだろうな、と思います。

 少しのメール返信の遅れ。少しメールの文章から温かみがなくなる。

 それだけで、お客様は『店のクオリティが落ちた』ことをピピッと感じて、離れていくんだと思います。

 それを思うと、『お店のフォローを全てプロフェッショナルにお任せできる、しかも無料で』
 という、もしもDSの基本システムは、ホントありがたいですわ。

 もしもDSっていうと、どうもかんたんドロップシッピングっていうイメージが先行して、
 参加者も初心者ばかり⇒売れてない、みたいなイメージがあるかもしれません。
 しかし、実は誰でも全然売りやすい。

 普通のショップ運営ならメールフォローに費やす分の時間とエネルギーを、ショップ自体のクオリティアップにまわせるからね。

 上級者にこそ使って欲しいサービスだと、茶菓子は思います。

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則
デビッド アレン David Allen 田口 元
4576060732

ブックマークに追加する | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
2007年07月30日

ドロップシッピングと小説のマッシュアップ

 ドロップシッピングの使い方、こんなの考えもしなかった。
 考え付く人、ホントすごいなあ。
 小説自体も短編なのでサックリ読めて面白いのです♪まだ1本しかないんだけどね。
 今後の更新に期待きたい。
 http://pocketable.blog115.fc2.com/
ブックマークに追加する | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

ドロップシッパーユーザーの先駆者利益

 ドロップシッピングに一生懸命打ち込んでる私が最近知って驚いてるのが、ドロップシッピングって意外と注目されてないということです。

 ホラ、お友達がPCに強い人ばかりだと、みんな使ってる検索エンジンはGoogleなものだから、Googleのシェアが結構あるんだろうと思っちゃうけど、実はヤフーが検索サービスのシェアの半分以上を占めててびっくりみたいな・・・わかりづらい?

 物販アフィリエイトの最大手と名高いリンクシェアの参加アフィリエイトサイト数は法人、個人合わせて21万(2007年6月末現在)
 参考:http://www.news2u.net/NRR200720133.html

 対して、ドロップシッピング業界最大手のもしものユーザー数は6万オーバー(もしものユーザー数はTOPで随時更新するからわかりやすい)

 なんと、ユーザー数に3倍以上の開きがあるんです!

 いやー、まいったネ。まだまだ黎明期じゃありませんか、DS業界。

 私はこの黎明期とか、はじまったばかりという言葉が大好きです。だって、今こそ先駆者利益が大きく得られる時期なんですもの。

 その昔、PCアフィリエイトに技術も戦略も要らず月収100万円!の時代がありました。
 その昔、メルマガを一通書くだけで5万円の時代がありました。

 私が思うに、今のドロップシッピング業界は、まだあまりに黎明期すぎて、圧倒的にノウハウが足りないようです。(書店でDSの本を数冊パラ見してみてください。DSのしくみ以上の、実際の運営に役立つノウハウが載っている本が何冊ありますか?)

 でも反対に、ノウハウがない状態から儲けを出すことができれば、圧倒的にライバルが少ない状態で運営を続けていける、という、大きなメリットがあるんです。

 うーん、素敵ですね。
 私も先駆者になりたいなあ。
 あなたも先駆者になりたいですよね?

 それなら、がんばるのは今ですよ。今すぐ!

 もしも大学の竹内学長も、口を酸っぱくして言ってます。
 『勝ち組負け組みなんかない。やる組みとやらない組がいるだけだ』

 ※今さっき こんな結果も拾ってきました。ちょっと絶望した!
 http://japan.internet.com/research/20060704/1.html
ブックマークに追加する | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。